【女性無料】恋活サイトで新しい彼氏を見付けるアプリ!おすすめ5選
魔性な芸能人

魔性の女・荻野目慶子★命懸けで愛したくされる女

「あなたの為なら死んでもいい」「あなたが居ない世界には生きていたくない」「君の為に死ねるなら幸せだ」こんなセリフを男性に言われてみたいですか?

そもそも命懸けの恋ってした事がありますか ?

荻野目慶子さんの魔性は、男性にそう思わせてしまう魅力です。


出典:フロム・ファースト プロダクション

恋は魔法にかかったようなもの…そんな風に表現されたりしますけど、一生解けない魔法をかけられたら?

そんな魔法が使えたら、愛する人に使ってみたいですか?

でも愛が冷めた時、その解けない魔法は毒のようにカラダを軋ませて、最期には命を奪ってしまうとしても?

魔法をかけてみたいですか?

荻野目慶子さんの恋は、そんな悲恋だったようです。

★荻野目慶子さんのプロフィール

・生年月日/1964年9月4日
・出生地/熊本県
・血液型/A型

(代表作品)

※テレビドラマ

・武蔵坊弁慶
・同窓会
・揺れる想い
・女優・杏子
・愛のソレア

※映画
・海潮音
・南極物語
・陽炎
・いつかギラギラする日
・忠臣蔵外伝 四谷怪談
・三文役者

妹は再ブレーク中の荻野目洋子さん

Exif_JPEG_PICTURE

荻野目慶子さんの妹さんは、「ダンシング・ヒーロー」で再ブレーク中の荻野目洋子さんです。

姉妹を比べると、かなり雰囲気が違いますよね~荻野目洋子さんはアイドルで、今でも可愛らしさは変わっていませんよね。

荻野目慶子さんは、妖艶な色気を持った美魔女という感じだし、正反対なイメージです。

でも子供の頃は大人しすぎる荻野目慶子さんを心配したお母さんが、小学6年生の時に劇団にいれたのが、芸能界入りの切っ掛けだそうです。

二人は仲の良い姉妹で、お姉さんが結婚して幸せになった事を、とても喜んでいたそうです。

魔性の女もついに年貢を納める・イケメン医師との結婚生活は?

荻野目慶子さんが結婚したのは、複数のクリニックを経営している2歳年上のイケメン医師だそうです。

ふたりは知人の紹介で出会って付き合いが始まり、同棲をしていたようですが、2012年の大晦日に入籍したそうです。

ご主人はバツイチで、荻野目慶子は初婚でした。

魔性の女と言われた荻野目慶子さんが初婚なのは、チョッと意外な感じですね。

結婚生活はラブラブで、外食が多いご主人の健康を気遣って、料理学校へ通って腕を磨いて、お弁当も作ってあげてるそうです。

魔性の女とは一転して、ほのぼのとした奥様ぶりを発揮しているようです。

激しい恋を経験したからこそ、穏やかな幸せの大切さを感じているのかな?という気がします。

荻野目慶子さんと噂になった男性たち

★1人目の噂になった男性は、映画監督の河合義隆さん。

テレビドラマ「幕末青春グラフィティ」で、演技指導から恋愛関係になっていったそうです。1985年、荻野目慶子さんが20歳の時でした。

ただ河合義隆さんには既婚者だったので、スキャンダルとなり、清純女優のイメージが強かった荻野目慶子さんは、すっかり魔性の女と言われるようになりました。

二人は17歳も年の差がありましたが、荻野目慶子さんの魅力に溺れてしまった河合義隆さんは、彼女のマンションで半同棲状態になっていきます。

2人の関係は5年ほど変わらず続いていましたが、河合義隆さんの奥さんと修羅場になり、女優として評価された時期だったので、仕事を優先させたかった荻野目慶子さんは、河合義隆さんに別れを切り出したそうです。

「別れるぐらいなら死にたい」

河合義隆さんは、荻野目慶子さんを失う事は、死ぬ事以上に苦しく辛いことだったようです。

そして悲劇が起こります。

そして河合義隆さんは、荻野目慶子さんの部屋で、キッチンとリビングの間のドアに、マフラーで首を吊って自殺してしまいました。

第一発見者は、荻野目慶子さんだったそうです。

彼が言った事は本心だったんですね、荻野目慶子さんとの恋は、最悪なカタチで幕を閉じました。

★2人目の噂になった男性は、映画監督の深作欣二さん。

河合義隆さんのスキャンダルの1年後に恋愛関係となりましたが、既婚者だったので不倫でした。

深作欣二さんは出演映画の監督で、年齢差は35歳年上という親より年上の男性でした。

この時は深作欣二さんが半ば強引に迫られた事で、交際がスタートしたようです。

二人は10年近くも付き合っていたので、かなり相性が良かったのかもしれませんね。

でもそんな二人に不幸の影が忍び寄ります。

深作欣二さんは、前立腺がんになり闘病生活を強いられます。

治療に有効なホルモン剤投与を医師に提案されますが、副作用による男性機能の低下が嫌で拒否しました。

荻野目慶子さんとの肉体関係を続けたくて、治療を拒否したんだと囁かれました。

命を失うより、荻野目慶子さんの前で男性でいたいという執念を感じますね。

2003年に前立腺がんが脊髄転移して、深作欣二さんはお亡くなりました。

最後まで荻野目慶子さんへの愛を貫いた深作欣二さんは、モラルには反していましたが、男性としては幸せな生涯だったのかもしれません。

不倫も命懸けの本気の恋なら、純愛なのかな…と思いました。