復縁

マンネリで別れを予感?復縁の為にする事!人間の逆心理の恋愛心理学

別れの予感、別れ話を切り出されそうな予感、何となく感じた事はありませんか?

二人の関係がマンネリになって、倦怠期かな?なんて思い始めて、喧嘩の回数が増えたりして、「別れ」が頭をかすった事があるんじゃないですか?

トキメキは無くなったけど、別れるほど嫌いじゃないし、新しい恋を探すのも面倒くさいし、年齢的にもこのまま結婚でもいいかな~って思っていた彼氏との関係。

LINEの返事も無視されたり、セックスさえも義務な感じで大切にされてる感が無くて、なんだか腹が立って文句言ったら「別れよう、お互いもう惰性で付き合ってるだけだろ?」なんて、とうとう別れ話を切り出された。

こんな展開、ありがちなパターンですよね?

さて、こんな状況になったら、あなたならどうしますか?

このまま売り言葉に買い言葉で罵り合ってTHE END?
それとも、復縁の一発逆転を狙ってみますか?

【復縁マニュアル3選】元カレや夫にもう一度愛される為の方法愛を取り戻せ!どうしても復縁したい人必見の復縁マニュアル・ランキング 愛する彼と別れたけど、ずっと忘れられない事ほど辛い事は無いで...

別れ際の態度が、復縁出来るかの分かれ道を決める?

そもそもこの状況に至るまでに、どうしてこういう展開になったかを、時間を逆回転して考えてみましょう!

喧嘩の回数が増えた→倦怠期がきた→マンネリになった。

はい!分かりましたね?二人の関係がマンネリになったからですよね?

二人が付き合うまでの期間+付き合い初めの期間=不安定で刺激的でドキドキした。

最初は何をしても、何を言っても、新鮮だし刺激的だし、ドキドキしたはずです。

でも関係が安定してくると、ドキドキより安心感が大きくなっていったはずです。

安心感は悪い事では無いし、癒されたり、居心地の良い関係となって良いと思うんです。

ただ、安心感の中にも、相手への気遣いや感謝の気持ちを忘れてしまうと、馴れ合いだけの関係になってしまって、お互いを大切にしなくなるから、不満が蓄積されて喧嘩が増える原因となります。

そして些細な喧嘩が引き金となり、別れ話に発展する結果となります。

そして別れ話を切り出されて、ハッと我に返り「自分の落ち度に気付いて」後悔の気持ちが沸き上がり、「別れたくない」「許して欲しい」と焦ってしまい、取り乱してしまうわけです。

でも別れを切り出した彼氏は、「安定した(マンネリ)にウンザリ」しているので、引き留める行為はウンザリを増大させるだけなんです。

「悪いところは直すから捨てないで!」的なセリフはNGです!

「私は別れたくない」と伝えた上で、「冷却期間」を提案する事で、一旦は彼の別れ話を受けいれましょう!

この「引き」の態度が、後に復縁の明暗を分けます。

復縁したくなる女を演出する?別れを後悔させる恋愛心理学

人間って頭に血がのぼった状態の時って、何を言われても聞く耳持たないですよね?

まして男が「別れよう」と言ったからには、引っ込められないプライドもあります。

だから揉めるよりは「引いた方が分がある」から、「捨てないで」的な態度はNGなんです。

別れを切り出したのは→彼氏、彼の意思を尊重したのは→自分。

この構図は、彼が別れを後悔し、復縁した時に「自分が優位に立てる」為の伏線になるのです。

一見すると別れを切り出したのは彼なので、彼が主導権を持っているようですが、相手に譲る事で自分が主導権を取るようにすり変わる事になります。

それに別れを切り出しておいて、当然別れを拒否されて、すがられる事を予想していたのに、アッサリ引かれた事で肩透かしされて動揺もするはずです。

もし本気で別れ話をするつもりじゃなかった場合にも「あれ?俺やり過ぎた?」と後悔する可能性もあります。

冷却期間に比例して、後悔の気持ちも大きくなる逆心理

マンネリ(安定)にウンザリしていたはずなのに、冷却期間が半年を過ぎる辺りから、心がザワザワしてくるはずです。

別れてから彼女から連絡が来ない事で、次第に寂しい気持ちも感じてきます。

「安定(マンネリ)」していた時は「不安定(刺激)」を求めるけど、いざ「不安定(刺激)」になると「安定(マンネリ)」が恋しくなるもので、これは人間が持つ逆心理なのです。

マンネリ(安定)が恋しくなるという状態に変わっていきます。

デートしているカップルを見たり、週末退屈だと、楽しかった事を思い出して「何してるかな?」とふと過ったりするものです。

男性は女性と違って、いつもセックス出来る相手がいるのと、いないのでは、不安感が違ってきます。

風俗へ行く男性以外は、簡単には相手が見付からないので、余計に後悔が募っていきます。

別れ話の時に潔く引いた事で、最後の印象が良い為に「別れたのは早まったかな?」「復縁出来ないかな?」という気持ちが芽生えてきます。

ここで思い出すのが彼女が言った「冷却期間」という言葉です。

自分で別れを切り出した手前、復縁を言い出しにくくても、「冷却期間」という言葉を使えば、復縁しやすい事に気付くはずです。

いわば助け船的な役割りを果たしてくれるわけです。

そんなタイミングで、「元気にしてた?」くらいの軽いLINEを送って、彼から「ご飯でも行く?」という返事がきたら復縁成功の可能性は大だと思いますよ!