【女性無料】恋活サイトで新しい彼氏を見付けるアプリ!おすすめ5選
デート

ドキドキ初デート★また会いたいなと思われるデート後LINEの文

大好きな男の子とのウキウキ初デートも終わり、帰宅してホッとしたのも束の間、お礼のLINEの文章で悩んでしまうひともいると思います。

「今日は楽しかった(ハート)また誘って下さいね!」じゃありきたりだし、うーん悩む!でも当日中に送った方がいいよね?と、頭の中はフル稼働です。

次また誘ってもらえるか、勝負LINEでもあるので、気を抜けないところですよね~

LINEのタイミングは、彼が家に着く頃を狙う

初デートの後で、家に着く前にLINEしちゃうと、男の子は余韻に浸る時間がありません。

「今日は楽しかったな」「◯◯ちゃんも楽しんでくれたかな?」「盛り上がって良かった~」「料理美味しかったと喜んでくれたしな」「また誘ったらOKしてくれるかな?」と、デートの手応えを振り返って、一人反省会をしています。

なので、一人反省をしながら帰宅して、家に着いたタイミングでLINEすれば、「お!料理美味しかったって?店選びOK(ドヤ顔)」「また連れて行って?おし!またデートしてもOKって事だよな?」と、デート後に少し静まった状態を再加熱しちゃえます!

文章は短めに熱く、でもエサは与えすぎないこと!

デート後のLINEは、「余韻」と「後のデート」の為のものなので、ここで長文を送ったり、やり取りを長々してはNGです!

LINEのやり取りで満足してしまうと、次のデートが先になってしまう可能性があります。

「チョッと足りない」くらいが丁度良くて、「また早く会いたいな」「彼女の気持ちが変わらないうちに連絡しよう!」と、男の子に「やる気」を起こさせる事が出来るからです。

ライオンだってお腹一杯だと、狩りをしませんよね?男の子はいつもハングリーにさせておく位が丁度良いのです。

狩りをさせるには「空腹」がエネルギーになるという事を、頭の片隅に入れておきましょうね!

貢いだり尽くしたりする女が幸せになれないのは、常に男を「満腹」にしてしまうからなんですよ。

LINEやメールを自分から沢山送ったり、電話したりするのは、空腹の法則に反する事だからダメだって分かりましたか?

モテる女の子は男にエサを与えないで、すごく頑張った時にだけご褒美をあげるので、そのご褒美欲しさに男どもは頑張っちゃうわけですよ。

尽くして損するなんて、女って悲しいですね!だから得する女になってしまいましょう!

小悪魔女子のLINEテク★甘えん坊…時々ツンデレの恋愛心理学

世の中の小悪魔女子たちは、LINEを送るときにどんな作戦を立てていると思いますか?どうしたら男の子の興味を引く事が出来ると思いますか?

男の子に既読スルーされちゃうタイプの女の子は、さぞかし小悪魔女子たちは、凄い文章テクを使ってるのかな?とか、スタンプのチョイスや使い方が上手いのかな?って思うかもしれませんね~

でもそれはチョッと違うんですよね~男の子に媚びたり、爆笑ネタを提供しているわけではありません。

むしろ、これだけでいいの?という程度のLINEしか送らないのです。

飴と鞭?不安は恋のホットスパイスになるのです

★デートの後のLINEは、ラブラブ&ハートで飴をあげる。

デート直後のLINEは、「あのお店、◯◯君と行きたいなーって思ってたから、すっごく嬉しかった(ハート)」等と、お礼を言ったり、「あの関西弁の店員さん、めっちゃ面白くて笑ったね~」等とデートを振り返って、「楽しすぎて時間があっという間に過ぎちゃって、もっと話してたいなと思っちゃいました(ハート)」などと、好意がありますよ~的な感じを伝えて、「またすぐ会いたいなって言ったらワガママかな~◯◯君忙しいもんね(泣いてるマーク)」と、可愛らしくおねだりしちゃいます。

LINEをもらった男の子は、近いうちに時間を作ってデートしようと思うはずです。

★男の子がその気になったら、鞭LINEで手のひら返しする。

小悪魔女子はラブラブLINEのやり取りをしません。

むしろあのラブラブLINEは何だったんだ!と男の子が思うくらい素っ気ない返事をします。

男の子からのLINEはすぐに返さず放置して、しばらくしてからLINEを返します。

遅い時間にLINEが来たら、朝まで既読スルーにして、何事も無かったように「おはよう!」と明るく返信します。

女の子も既読スルーされると、めっちゃ不安になるでしょ?男の子だって既読スルーされたら、不安になるのは同じなんですね。

「不安」→「気になる」→「目が離せない」→「執着心が生まれる」→「追いかけたくなる」という図式が生まれます。

男の子は「追いかけるスイッチ」が入れば、「本気モード」に切り替わります。

小悪魔女子の策略にまんまと引っ掛かったわけですよ。

あんまりツンツンしちゃうと離れちゃうから、絶妙なタイミングで飴ちゃんをあげる事で、恋愛底無し沼に落ちていくのです。

計算も野生には勝てない恋愛心理学

小悪魔女子は計算で、男の子と駆け引きをして自分のものにしていくので、計算=データに基づいた恋愛心理学という事になります。

それに対して魔性の女は、計算では天性の本能に基づいた行動なので、恋愛心理学も通用しない部分もあります。

ある意味で野性動物的な予想不可能な部分があり、それが男性から見たらミステリアスで魅力的なのです。

特に真面目で常識的な考えの男の子は、宇宙人的とも言える魔性の女に翻弄されて、荒れ狂う海に漂う小舟状態になるのですが、恋いうのはハラハラ・ドキドキする方が燃え上がるものなんですよね~

その瞬間の感情は本気なんだけどね~

魔性の女は約束があまり得意ではありません。

気が変わりやすいので、約束した時は乗り気でも、時間がたつと、興味の対象が移っている場合が多いからです。

だからデートは盛り上がっても、「ありがとうLINE」も送って来ない場合すらあります。

男の子は「あれ?楽しそうだったのに何で?」と悩みますが、次に会うと前と変わらぬテンションに、「嫌われたわけじゃない」とホッとするけど、魔性の女の気持ちが掴めずに悶々しちゃいます。

魔性の女を小悪魔女子が真似ようとしても、数値化出来ない行動は計算できません。

魔性の女は恋愛に関しての行動が、意外と男性的である

男と女の性は全く違います。

男は種を撒く性で、女は子供を身籠る性なので、男性は自分のDNAを残す為に、複数の女性と付き合う事にも罪悪が無いのがオスの本能です。

これに対して女の性は、子供を身籠って育てる性なので、選び抜いたDNAのオスを選ぶのが本能です。

でも魔性の女は、どちらかというと男性的な性を持っているので、誰か一人に絞るという感覚があまりありません。

ふしだらというより、「平等」に近いかもしれません。

下心の男の子たちも、魔性の女の「平等」の前では成すすべ無しですよね~まさに恐るべし!自分だけにハートマークいっぱいのLINEが来たかと喜んでたら、友達にもハートマークのLINEが来ていてショック!

手に負えない女だと分かっているのに、友達と同じLINEが来ても、自分だけのものになれないって分かっていても、それでもハマってしまうのが魔性の女なんですよ。

ライバルを蹴落として、自分の女にしたいという闘争心に火が付くのも、また男性の性といえるのですよ。

そんな魔性の女が送るLINEは、全く参考になりませんが、もし真似するなら「一瞬の集中力」「その瞬間の本気度」ですね~

その一瞬の幸せが本物だから、男たちは本気になるのです。